デスクトップの効果を有効にするとタイトルバーが表示されなくなる

先週だけど Fedora 7 (Moonshine) がリリースされました。ずいぶん前からパーティション切って、いつでも入れられるようにしといたので休日を利用して入れてみたんですが、kernel-2.6.21 の仕様なのか IDE ハードディスクが sd* で認識されました。おかげで BIOS と カーネルでディスクの識別に不整合が生じて Anaconda の生成する grub.conf じゃ正しく起動できませんでした。XFS が正常にフォーマットされない不具合も治ってるみたいで、他には特に問題ありませんでした。

インストール後、とりあえず Beryl で遊ぼうと思ってデスクトップの効果を有効にしたんですが、有効にしたとたんにタイトルバーが表示されなくなってしまいました。メモの意味で対処方法をご紹介。といっても簡単。/etc/X11/xorg.conf の Screen セクションに 1 行足すだけ。

Option "AddARGBGLXVisuals" "True"

変更した後は何かを再起動したり、何かをいったん無効にして有効にしたりすれば大丈夫なはず。