Java 8 で Fizz Buzz

Java 8 でいろいろな機能が追加されたので、ちょいちょい遊んでたんだけど、試しに Fizz Buzz を書いてみたら、思いのほかシンプルに書けたので晒してみる。

public class FizzBuzz {
  public static void main(String[] args) {
    java.util.stream.IntStream
        .range(1, 100)
        .mapToObj(
            n -> n % 15 == 0 ? "FizzBuzz"
                : n % 5 == 0 ? "Buzz"
                : n % 3 == 0 ? "Fizz"
                : n)
        .forEach(System.out::println);
  }
}

main メソッドの中身がワンライナー、というかワン ステートメントで書けるようになったのがちょっと感動。
「これほんとに Java か?」って感じ。

実際のところ、ラムダ式のパフォーマンスってどのくらいなんだろう・・・